バックハンドロブの打ち方(動画)

こんにちは。
今日はバックハンドのロブの打ち方を学んで行きましょう。

ステップやポイントの部分で共通するところも多いので、前回のフォアハンドロブの打ち方(動画)をまだ見ていない方は、こちらも参考にしてください。

バックハンドのロブは、利き手側でない方にドロップなどを落とされた場合の対処ショットです。
バックは苦手とする人も多いですが、慣れるとフォア以上にコントロール性が高く、ロブなどのテクニカルショットでは有利に進めやすくなるので、しっかり身につけて行きましょう。

バックハンドロブのコツ

フォアハンドロブと同様に、テイクバックを小さめに、やフットワークを最後に足を入れて打つ、などのポイントは同じですが、
バックのポイントは握りの親指の使い方、肘からの回し方です。

これについて、ロブではありませんがバックハンドについて解説したわかりやすい動画があります。

インパクトの瞬間に親指で押すように打つ

グリップの中で、手で覆われている側の力で飛ばせるフォアハンドと異なり、バックハンドは普通に握るとショットを打つ方向に支える指がなく、力負けしてしまうように思えるかもしれません。
これこそ、初めのうちバックハンドが飛ばずに苦手意識を持ちやすい最大の要因だと思っています。
ですので、このポイントを克服するとバックが得意になることができるでしょう。

親指で押す、というのは動画の中でもシャトルの箱をラケットで押して動かしているときの感覚はとても近いです。
この場合はずっと押し続けて箱を動かしていますが、実際にはインパクトの瞬間だけこのとき使ったような力の入れ方をすると、
シャトルが驚くほど飛ぶようになります。

身体はしっかり固定する

動画では非力なプレイヤーの例なので、比較的身体全体の筋肉を使ってロブを上げているように見えますが、軸は固定して肘から先で打つようなイメージで打ったほうが、安定したロブが打てるようになります。
これには筋力はある程度必要になってしまいますので、筋力トレーニングが難しい場合は、動画のように軽く背筋なども使うような打ち方をするのもアリでしょう。
ただしこの場合も、目線はしっかり固定するようにしてください。

前に大きく動きながら打つロビングでも目線が動かさず、面の中心でシャトルを捉えるようにすると、安定した良いロブが打ちやすくなるはずです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>