リバースカットの打ち方(動画)

前回に引き続きカットの練習をしていきましょう。
今度は逆クロス側に向かうリバースカットをやっていきます。

リバースカットは通常のカット以上にラケット面と飛ぶ方向のフェイント効果が大きく、リズムを崩す効果が非常に強いショットです。

さっそく動画で見て行きましょう。

リバースカットのコツ

リバースカットでは、ラケットの面を外側に向けるようにインパクトします。
通常のスイングと違う方向に回すので注意が必要です。

面を傾けすぎない

手首の内側への回転を使うので、切ろうとする意識が強く働きすぎると角度が急になりすぎてしまい、シャトルに全く力がこもらない傾向があります。
リバースカットは球威を殺すことではなく面を変えて意表をつくショットなので、ある程度はまっすぐ当ててシャトルを飛ばす必要があります。

カットの時と同様に面の向きを変えるだけのイメージを持って打つようにしてみてください。

インパクトの瞬間だけ変える

通常のカットはスイングの方向自体は同じで少し面を変えるだけでしたが、リバースカットでは方向そのものを変えるためついテイクバックの瞬間からリバースを打つクセが出てしまいがちです。
上のポイントと同じく、強く変えることを意識しないようにようにすることで相手にショットの種類が見破られないようにしてください。

カット・リバースカットの練習法

カットやリバースカットはフォームを同じで打ち分けることがとても大切なので、練習法もクセがつきにくいもの選ぶとよいでしょう。
全面でロブVSドロップ&カットをするなどで打ち合うとロブ側はフォームが同じで相手を騙せているかどうかで大きく体勢が変わります。

いつも練習する相手であればクセを見抜くこともしやすくなるので、その相手に見破られないフォームを手に入れればほとんどの相手に対して効果的になるでしょう。

リバースカットはかなり上級者向けショットですが、じっくりとショットのレパートリーを増やして楽しい試合をしていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>