プッシュの打ち方(動画)

ネット前の攻撃ショット、プッシュの練習をしていきましょう。
プッシュは、特にダブルスで多用される攻撃ショットです。サーブのリターンがプッシュで始まることが多いくらいですから、
毎ラリー回ってくるような大切なショットです。

エースも非常に多い強力なショットですが、ミスも多くなる難しいショットです。
ポイントを抑えて安定したプッシュを身につけましょう。

push

フォアハンドプッシュのコツ

プッシュは相手のヘアピンやショートサーブなど、ネット前で少し浮いた球を地面に向かって叩き付けるショットです。
そのため、少しでも高い打点、前の打点で取ることで叩き付ける角度をきつくすることが大切です。

実際の試合では、このフォアハンドプッシュ動画のように、前にジャンプして飛びつきながら打つ事が多くなります。

テイクバックをほとんどしない

プッシュでは地面に叩き付けますが、距離が近い分威力よりも角度や安定性が大切になります。
そのため、テイクバックを大きく取ってしまうと構える時間が短いため不安定になってしまうので、ラケットはシャトルの後ろに置くくらいの感覚で、肘から先だけで軽く叩き付けるイメージを持ちましょう。

1歩で飛びつかない

飛びついて打つ=プッシュ、と思うと、距離的に飛ぶと届かないのに無理に大きなジャンプをして打ってしまうことがあります。
プッシュはどちらかと言うとエースを狙うものですが、それでも上級者ともなれば1発では決して決まらず返ってくるでしょう。

このときに大きく飛びすぎると着地の反動で動けなくなるので、動画のように距離を縮めるために1ステップ踏んで、無理のない距離にしてから飛びつくようにしましょう。

バックハンドプッシュのコツ

バックハンドプッシュも基本的にフォアと同じです。
ロブ以上にバックで早く叩き付けることは難しいので力みがちですが、焦らず親指で押す感覚で下に向かって打ちましょう。

動画では足をついて打っていますが、実際に時間がないときにはどんどん飛びついて打ってチャンスをモノにしましょう。

プッシュはネット、バックアウトなどこちらのミスが多くなりがちで、さらに飛びつくので返ってきたときのダメージが大きいなどハイリスクのショットですが、
プッシュが強い、と思われると相手はヘアピンやサーブを打つのが怖くなるので、ゲームをとても有利に進めることができるでしょう。

自信を持って打てるまで、繰り返しやっていきましょう^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>