ジャンピングスマッシュの打ち方(動画)

さて、試合動画を見てきたところで、これまで習わなかったショット練習をしてみましょう。

試合中に多用されていたジャンピングスマッシュの練習です。

ジャンピングスマッシュは、飛び上がりながらスマッシュを打つ事で打点を高くし、スマッシュの威力をより強力にするためのテクニックです。
女子バドミントンではほとんど見ることはありませんが、男子では一定レベルを越えると必ず必要になるショットなので、じっくり覚えましょう。

ジャンピングスマッシュのコツ

jump_smash

動画

http://www.youtube.com/watch?v=nzhMeH9qvJk

世界トップクラスのスピードを誇るトッププロの動画なので、がんばって盗みましょう。
コツは主に2点あります。

ジャンプの頂点でインパクトする

ジャンプのタイミングが難しいのですが、ジャンプした頂点のタイミングで理想の打点でインパクトできるようなタイミングで跳ぶようにしましょう。
ジャンプの頂点は自分の体の上下移動が止まっており、打点がぶれにくくなるからです。

このとき、もちろん自分の体に対する打点も通常のスマッシュと同じようにしっかりと腕を伸ばせるところでインパクトする必要はありますので、タイミングが重要です。
何度も練習してつかんでいきましょう。

インパクトの瞬間に腹筋で体を抱え込むように

通常のスマッシュでも腹筋背筋は使いますが、ジャンピングスマッシュではさらに体を反らせてインパクトの瞬間に体を戻すことで力を加えます。

とても筋力がいるので無理をして体を壊さないように注意しましょう。
トッププロほど反らせてしまうと、インパクトのときに戻す力が足りずシャトルに力が加わりません。

ジャンプスマッシュは反って跳ぶイメージが強いですが、反ることよりインパクトのときに抱える(反るのと反対)ように腹筋を使うことで威力をアップしていますので、注意してください。

打った後にすぐに構える

モーションが大きく強力なショットなので、打ったあとに止まってしまいがちです。
必ず返ってくることを想定して、すぐに構えるクセをつけましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>