ハイバックの打ち方(動画)

今回は試合などにも登場した追い込まれたときのバックハンドショット、ハイバックの練習をしていきましょう。

高いショットは基本的にはすべて回り込んでしっかりとクリアーなどを打つ事が基本ですが、どうしても追い込まれてしまった場合などオーバーヘッドストロークをするのが難しい場合があります。

このような際にしっかりと体勢を整えるための繋ぎショットがハイバックになります。

さっそく動画で見て行きましょう。

ハイバックのコツ

キレイなフォームですね。
筋力があまり強くないと飛びづらいのですが、その場合にも基本的な動きは同じです。

身体をネットに対し背を向ける

通常スマッシュレシーブなどのバックハンドでは、身体が前を向いた状態で打っていました。
しかしハイバックではフットワークが追いつかずシャトルの後ろに入れない状態が前提なので、前を向いて打つ事ができません。

このときシャトルに対しまっすぐ向かってしまうと、返すのは後ろ方面なのでその方向に力を加えることができないので、
ひねるように背を向けることで背筋を使って打てるようにします。

肘から先を回す

追い込まれた状況で大きく飛ばそうとするとつい大振りになりがちですが、
ハイバックでは背筋と肘から先で飛ばすイメージで打ちます。

他のショット以上にインパクトの瞬間のスナップを効かせることと、グリップをインパクトのときだけ強く握るタイミングが重要です。

ハイバックのドロップ

ハイバックはこのように追い込まれたときのショットの総称なので、同じ体勢からドロップやカットを打てるようにしましょう。

ハイバックは無理に攻撃しようとしてはいけません。
しっかりつないで、次に攻め込まれないようなものを目指しましょう。

初めのうちはハイバックではクリアーかクロスドロップが打てるようになれば十分しのぐことができると思います。
カット(この動画ではリバースカットをやっていますが笑)はリズムを崩せますがハイバックなのでそれほど角度がつくこともないので、攻め玉を狙ってミスをするよりは入れること重視でやっていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>