ヘアピンの打ち方(動画)

今日はネット前のテクニカルショット、ヘアピンの練習をしていきましょう。
ヘアピンは、テクニック系プレイヤーの腕の見せ所で、ノータッチエースも多い静かなキラーショットです。

レベルが上がってくるとフェイントなどの組み合わせが多くなってきますが、最初はオーソドックスにキレのあるヘアピンをマスターして行きましょう。

ヘアピンは、ネット前に来たドロップなどを、相手のネット前に置くように最短距離で落ちるようなショットを指します。
他のショットとは異なり、ラケットはほとんど振りません。
文字通り、置く、ような感覚でシャトルを打ちます。ストレートとクロスの両方をマスターすれば、ネット前だけで攻撃をすることができるくらい強力です。

では、ヘアピンを実際に見て行きましょう。
今回はコースは強く意識しないで、ストレートにまっすぐ返すものを想定してみます。

ヘアピンのコツ

ヘアピンはネット前に落とすショットですが、ネット下から打つショットである分、ネットにほぼ垂直に落とすような軌道で打つことが可能です。
このとき、相手はネットから下で取れば取るほど、ほとんど真上に打たなければネットにかかってしまいます。
つまり、相手にできるだけ下で、ネット近くで触らせるように打つことがポイントになります。
これには、落下までの時間を最短にすることです。

テクニカルなショットだと思うほど、シャトルの弾道ばかり気をとられがちですが、もっと簡単に効果の高いヘアピンを打つ方法があります。

高い打点でインパクトする

簡単に効果を上げるのは、打点を高くしてシャトルをできるだけ上に打ち上げずに済むようにすることです。
もちろん、フットワークを早くしないと高い打点に入れない、というものもありますが、意外と無意識にやると本来取れる打点よりも打点を下げてしまいがちになります。

動画の中のように、肘を上げるイメージで構えの時点で高く持って行くと、必要以上に打点が下がらずに済むでしょう。

目線を動かさない

ヘアピンは非常にデリケートなショットなので、しっかりとシャトルを見て真ん中でインパクトすることが大切です。
指先から肘、頭までを動かさないように、落ち着いたフットワークを心がけましょう。

ストレートヘアピンになれてきたら、クロスの練習をしていきましょう。
クロスヘアピンについては、また次回解説していきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>