フォアハンドカットの打ち方(動画)

今日は発展編、カットの打ち方を練習していきましょう。

カットはドロップに似ていますが、ドロップ以上に相手の意表をつきたいときに使うテクニカルショットです。
カットを使えるようになると、特にシングルスで戦術の幅が広がり、ゲームを有利に進めることができます。

さっそく、動画で見て行きましょう。

カットのコツ

通常バドミントンのショットは、インパクトの瞬間にシャトルを飛ばしたい方向に対してラケットの面が垂直、つまりまっすぐ飛ばせるような向きのスイングでインパクトします。
シャトルの飛んで行く方向とスイングの方向がぴったり一致している状態ですね。

ですがカットでは、インパクトの瞬間の面がシャトルを「ずらす」ようなイメージで斜めに向いたままインパクトすることによって、スイングの方向と別方向に飛んで行きます。
これによって、相手は予想と飛んでくるショットのコースが変わり、リズムを崩されることになります。

打点を前方に取る

カットはリズムを崩すことは中心ですので、インパクトのタイミングもずらすことでさらに効果を高めることができます。
また、打点を後ろにしてカットをしようとすると不自然に切るように打たなければなりませんが、
打点を前にすると通常のラケットの軌道に近いスイングをしたときに、自然にラケット面が内側向きに近づくはずです。
これによって、無理のないカットを実現できます。

スイングはまっすぐに

カットはスイングの方向とショットの方向がズレることに意味があります。
面を切ろうとするあまりスイングのフォロースルーがショットの方向に向いてしまわないようにしましょう。

フォームは直前まで他と同じく

スマッシュやドロップと同じフォームで構えて、見破られないことを意識しましょう。
一つだけ面の向きを別でインパクトするのでクセが出やすいので、とにかく打点を前にすることだけを意識して、自分自身でもカットを打つ事を忘れてテイクバックするくらいがよいでしょう。

カットの使い方は、フォアサイドからクロスに返すクロスカットと、バックサイドからクロスに打つドロップなどに見せかけてストレート側にカットするストレートカットがあります。
通常のクロスドロップを見せておくと、ストレートカットは距離が短いのでエースにもなりやすい強力なショットです。

変幻自在のカットをマスターして、試合をリードしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>