スピンネットの打ち方(動画)

超上級ショット、スピンネットの打ち方を見て行きましょう。

ヘアピンの一種で、通常のヘアピンと比べ相手に高いロブを上げさせることのできる確率が高くなります。

シャトルは通常、頂点から落下するタイミングで比較的すぐにコルクが下を向くので、ヘアピンもロブも高い打点でコルクを打つことができます。
これを、羽に横回転を加えることでコルクが下を向くまでの時間を長くすることができるのです。

スピンネットのコツ

スピンネットは非常に繊細なので、普通に見るとわかりません。
この動画はスローなので、じっくり観察して真似てみましょう。

シャトルをすくう感覚

試合などを見ていると、下に落ちているシャトルをすっと拾ってシャトルをとっている場面をよく見かけるでしょう。
まだやったことがない方は、まずこれをやってみてください。

このとき、わずかにシャトルは回転しますよね?
シャトル拾いのときの動きをヘアピンに合わせることでシャトルに横回転をかけましょう。

シャトルをのせる

本当にシャトルを載せてしまうとフォルトになってしまうのですが、回転をかけようとしてシャトルを切ってしまうことがあります。
これだとただ浮いたヘアピンになってしまうので、シャトルを載せるイメージで実際には載らないギリギリの感覚を狙ってみてください。

コルクがなかなか下を向かなければ成功

ぱっと見の軌道や打感は通常ヘアピンと大きく変わらないので、上手く行ったかどうかはその後のコルクの向きを見ましょう。
この動画では、最初の2本はネットの半分くらいまで落ちたときに初めて打てる向きになっていると思います。

スピンネットは超上級ショットなので、基本的に打てなくても困ることはありません。
できると相手に強烈なインパクトを残せるので、余力があれば練習してみましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>