2013全英オープン男子ダブルス決勝戦

今日は最新の全英オープンの男子ダブルス決勝を見ていきましょう。

先日全日本の試合で見ていた日本の早川・遠藤選手が決勝に進出しています。

長い動画で、試合が始まるのは最初8分後くらいなのですぐに見たい方はそのあたりから再生してください。

2013全英オープン男子ダブルス

序盤からものすごいスピードで試合が進んでいきますね。
これぞ男子ダブルス、というような迫力満点の試合です。

いつも通り、ポイントを見ていきましょう。

ドライブもプッシュもほとんど肩口

決め球に限らず、基本的なプッシュやドライブもほとんどが相手の打ちにくいところを狙っています。
ここまで狙うのは至難の技ですが、特に追い込まれたときに普通はついそのまま返すだけになりがちです。

このときにしっかりコースを狙えると連続で攻め込まれにくくなるので、コースを狙わなくてよいショットはないものと考えて1球1球丁寧に打てるようにしたいですね。

※ヘアピンですら、攻めでないときにはボディ付近を狙ったりしています。

ハーフロブを使って次まで待つ

ドライブ合戦になっているとき、両者とも縦のフォーメーションになっているときがあります。
このときに相手のドライブやヘアピンがしっかり沈んできた時につらい体勢になってもすぐにロブを上げず、コートサイド(バック側)に少し浮かせたハーフロブを使って相手のミスを誘っている場面が多くありました。

スマッシュが強いダブルスではロブを上げて守るのはとても難しいので、そこに持ち込まれそうになったらその過程にハーフロブなどを使ってハイバックのドライブなど、技術的に難しいとこを狙ってミスを誘うのは、リスクを低くポイントを取ることができます。

ぜひ使ってみましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>